● パソコンのデータ削除のやりかた

● 捨てる時はパソコンのデータをきちんと削除しよう 長年使用してきたパソコンを使うのをやめ、買い替えるという場合もあるでしょう。
引き続き古いパソコンも所持するのなら良いですが、捨てるとなると削除は必須です。
一般的に思い浮かぶ削除方法というと、リカバリするという方法が多いようですが、
中にはリカバリどころか削除すらせずに捨てたり、買い取りしてもらっている人もいます。
パソコンの中には我々が想像している以上の情報があり、仕事関連、そしてプライベートな情報が山盛りです。
クレジットカード番号などの重要情報だけでなく、
漏洩すると他人に迷惑をかけてしまうようなデータも入っています。
素人が簡単にできるような削除方法では、
知識がある人が復元作業をすると簡単にデータは復活してしまうので要注意です。
そういったリスクを避けるのは当然で、パソコンのデータを削除してくれる機器もレンタルされています。
外部業者にいちいち削除を依頼するとコストがかかりすぎますし、
信頼できる業者でないと、逆にデータが漏洩してしまうでしょう。
削除する機器をレンタルするのは個人では少ないですが、企業などは積極的に導入して活用しています。

● データを削除する機器にはいろいろなものがある 磁気を用いることで、様々なパソコンなどのデータを削除します。
完全に削除するということは、かなりの磁気を発生させるということでしょう。
外部に漏れると心配ですが、リ・バース株式会社で扱っている機器であれば安心して使うことができます。
やり方もとても簡単ですが、心配な場合は出張サービスを利用するのも良いかもしれません。
レンタルや出張サービスでなく、「パソコンを送付するから削除してほしい!」という方もいるでしょう。
リ・バースでは、そういったことにも対応いたします。
対応している磁気メディアが異なったり、発生磁界などの機能にも差があるので、
お手持ちのパソコンに応じて5種類の機器から選ぶと良いでしょう。

pagetop