● ツイッターからも情報流出の恐れ

●今注意すべきはツイッターからの情報流出

若者を中心に活用されている人気SNSといえばツイッターですが、これが今良くも悪くも世間を騒がせています。
気軽に個人が情報を発信できる時代になったのは嬉しいことですが、ネットリテラシー不足のせいで知らぬ間に個人情報流出が発生していることもあります。
普通にツイッターを使って楽しんでいても、突然アカウントを乗っ取られてしまい、情報流出にあったり、勝手にツイートされる被害も報告されています。
悪さを行っているのはプロの集団ですから絶対に防ぐことは難しいですが、危険性を知っていてその対策を講じているとかなりリスクは低減することでしょう。
他にも位置情報の利用やメールアドレスを用いての検索によって個人が特定される可能性も否定できません。
近頃のSNSは次々と様々な機能を実装し続けていますが、利用者はそれらについて知ろうとせず危機感を持たずに利用してしまい、結果的に情報流出に発展するという例もあります。


●ツイッターから個人情報が洩れるのは珍しくない

SNSから個人情報流出が起こることが多いですが、乗っ取りや不正アクセスだけが原因ではありません。
ツイッター利用者の不用意なツイートや個人情報を特定されるような画像の公開など、ネットリテラシーが欠如していることが原因で起こる情報流出は枚挙にいとまがありません。
ツイッターは匿名で利用できるサービスだからと安心しきっていると、情報流出する危険性が高まります。
ネット社会の今、個人情報が流出してしまうとあっという間に拡散される恐れもあります。
まずはツイッターなどのSNSの危険性を知って対策をし、また不用意な利用は避けることをおすすめします。
特に1人で複数アカウントを持ち使用していると、うっかり事故に繋がってしまいます。
非公開設定にしているとつい気が緩みがちになりますが、情報流出の可能性はもちろんあるので注意してください。"


pagetop