● マイナンバー制度対策のデータ削除方法の種類

● マイナンバー制度対策で行いたいデータ削除の種類 個人情報の保護のためにデータ削除を徹底している企業が以前から存在していました。
しかしマイナンバー制度が始まったことで、今まで以上に精度の高い削除・破棄をする必要性が出てきます。
データを削除・破棄するためにはいくつかの方法がありますが、
大きく分けると「データの上書き消去」「磁気を用いた削除」「物理的に壊す方法」のいずれかになるでしょう。
実際に削除を行う際には注意すべきこともいくつかあります。
まずは定められている期間は当然マイナンバー情報などを残しておかなくてはいけません。
しかし、それが終了すると直ちにデータの削除などを行います。
そして問題のない削除方法を選択することも大事で、データの削除を行ったという記録も残すようにします。
以前からこういった体制を取っていた企業も多くありましたが、
今後はマイナンバー制度の影響もあり、より多くの企業が本格的なデータ削除をすることになるでしょう。

● 各データ削除方法の特徴や注意点について データの上書き消去の方法ですが、HDDに対応した市販の上書きデータ消去ソフトを使用して、
データ全体に上書きしてしまうため、復元は不可能です。
しかも、その媒体を再利用できるといったメリットもあります。
ただ、ソフトによってはIDE接続のHDD上のデータであれば問題なく削除できますが、
SCSIやRAIDといったといった接続形式では、完璧に削除できないケースもあるので要注意です。
磁気を用いた削除方法は、専用の装置で強磁場をして消去する方法で、磁気データ全てが削除されるため、
復元の心配がありませんが、媒体の再利用はできません。
物理的に壊す方法は、穴をドリルで開けたり、たたいたりして破壊する方法ですが、
部分的に復元できてしまう可能性もあります。
特許申請中のERAZER(イレイザー)は、最新の磁気データ消去装置です。
ERAZERを使えば、マイナンバー制度対策のデータ削除も万全で、情報漏えいの心配も要りません。

pagetop