● マイナンバーなど情報のデータ削除と完全削除の違いは?

● マイナンバーを扱うなら知っておきたいデータ削除について マイナンバーシステムの登場に伴って、各種個人情報の取り扱いに関するルールが各社で厳格化されたことでしょう。
以前から個人情報はとても重要度の高いもので、漏洩するとかなり大きなダメージが発生することが知られていましたが、マイナンバーはその比ではありません。
ただ単にデータ削除をするのではなく、完全削除をしないとどんな経緯で復元されてしまい、世に漏洩するか分かりません。
多くの人がデータを削除する際に用いるのは、不要になったファイルをゴミ箱に入れて、ゴミ箱を空にするという方法でしょう。
その他にもハードディスク自体をフォーマットしてしまい、データを削除…というケースもありますが、実はこれらの削除方法は安心ではありません。
もしこれらのパソコンを引き取り業者に渡したり販売したとなると、悪意のある誰かが専門的な技術を用いてデータ復元を試みるかもしれません。
実際に被害に遭ってしまう前に復元不能な状態にすることが不可欠でしょう。

マイナンバーを扱うなら知っておきたいデータ削除について

● 確実性の高いデータの完全削除について データの削除方法の中で確実性が高い完全削除という方法ですが、これにはいくつか種類があります。
まずは物理的に破壊するというもので、古典的な方法ではありますが、比較的確実性が高い方法でしょう。
ハードディスクの記憶演算子の部分を道具を使い力任せに壊すというものです。
これを行うには、記憶演算子がどこに格納されているかを知っておかなくてはいけませんし、どれを破壊すればよいかしっかりと把握しなくてはいけません。
プラッターと言われている箇所を破壊しなくてはいけませんが、手や顔、目など怪我をする恐れがあるので、十分気を付けましょう。
壊し方が足りない…などで復元される可能性があることも覚えておきましょう。
そして専用のデータ削除用のアプリケーションを用いるケースもあります。
これはアプリさえあれば比較的簡単ですが、復元されてしまう可能性もあるので、マイナンバーのような本当に重要な情報が入っているパソコンは下記の磁気削除がベストでしょう。
磁気によってデータを削除する方法もありますが、自宅にあるような磁石で行うのではなく、専門業者が専用機器を用いて完全削除をします。 データ消去コンシェルジュが提供するサービスだと、専用の磁気データ消去装置を使いますので、完全削除の安心感が違います。

確実性の高いデータの完全削除について

pagetop