●情報流出の原因と結果について

●情報流出してしまう原因とは何か

ネット社会の現在において、情報流出のリスクはありますが、原因を把握して対策をすることで、予防することも可能でしょう。
情報流出というと、悪意のあるソフトやウイルス、フィッシングサイトなどが考えられます。
これらも情報流出してしまう原因に違いはありませんが、実際に情報流出したほとんどの事例は、人為的なミスが関わっているのです。
人間が行う作業に、完璧さを求めることはできないため、当然ミスはありますが、個人情報の管理体制をしっかりと整え、ミスが起きにくい体制を作ることが大切です。
具体的な情報流出の原因に、パソコンの誤操作や設定や管理のミス、紛失があり、情報流出をさせないためには、確認体制を強化することです。
また、処分したパソコン内に記録されていた情報が残っていて、流出する例もあり、しっかりした確認体制があれば、防ぐ事もできるでしょう。
原因を把握して、未然に対策を実践することで、情報流出の可能性は低くなります。

●情報流出の結果どんなことが起こるのか

現在では、情報流出に関するニュースが頻繁に報道されていますが、情報流出によって、どのような事が起こるかを把握しましょう。
結果を知ることで、具体的な対策を講じられ、未然に防ぐことができます。
企業が顧客の個人情報を流出させた場合では、企業の信頼度が著しく低下し、情報流出した顧客に対して、賠償責任が発生する事もあります。
情報流出の規模が大きいと、賠償金だけでもかなりの損害が発生するでしょう。
ニュースや新聞で大々的に報じられ、世間的なイメージが悪化し、株価にも大きな影響が出ることが多いです。
企業の規模が小さいと、情報流出をしてもあまり騒がれませんが、そのような企業は、情報流出のため信頼を失うだけでなく、倒産する可能性もあるでしょう。
情報流出の結果として、既存の取引先との取引停止や新規営業が困難になるなどの影響もあります。


pagetop