● マイナンバーの情報漏えいによって、クレジットカードを不正使用される?!

● マイナンバー制度のもとで、しっかりとした情報管理が必要

マイナンバー制度の導入が始まってかなり立ちますが、この制度の導入によって、デジタルデータの管理の重要性というのは、ますます高まってきています。
何しろ今は、ほとんどの企業が様々なデータをデジタルデータにしているからです。
デジタルデータでないと、業務の効率が落ちて市場で勝てなくなるということもありますから、このデジタルデータへの移行というのは、企業にとって至上命題といってもいいでしょう。
ただ、このことによって情報漏えいなどのリスクというものも、比例して高まってくるということも忘れてはいけません。
クレジットカードの暗証番号なども情報が漏えいすれば、盗まれることになりますから、これによってクレジットカードの不正使用というようなことは、真っ先に考え付く想定被害となるでしょう。
そうならないためには、このマイナンバー制度のもとで、しっかりとした情報管理が必要となります。
単にウィルス対策ソフトを導入するということではなく、ソフト面からハード面から多角的に情報漏えい対策を考える必要性があります。

● クレジットカードの不正使用の問題

既にマイナンバー制度の導入をしている海外では、クレジットカードの不正使用の問題が起きています。
ウィルスなどのデジタルデータの攻撃には強い海外の国でさえ、このようなことが起きているわけですから、ウィルス対策が遅れている日本では、このマイナンバー制度に関連した、クレジットカードの不正使用の問題などは、かなりおきる可能性は出てくることになるでしょう。
何しろ今は、いろいろなデータをデジタルデータにしている移行の時期でもあります。
データ管理の強化まで万全に出来ている会社というのは数少ないでしょう。
何しろマイナンバー制度を導入した日本自体が、ウィルス対策が脆弱な国です。
今やウィルスによる攻撃は、国をも脅かすぐらいのものともいわれています。
サイバーテロとまで言われるぐらいに、デジタルデータへの攻撃というのは、やる方にとっては価値のあるものなのです。
何しろ得られた情報は売ることも出来ますし、漏えいさせるだけで企業に致命傷を与えることが出来ます。
ですから、情報漏えい対策は企業にとっては急務といえるものなのです。

pagetop